子どもが急に病気になったとき

子どもが急に熱を出したり、腹痛を起こしたり、中耳炎になってしまったりけがをしたり、嘔吐したりして病院に行かなければいけない時、または歯が痛いと言い出して急に歯医者に行かなければいけない時は、予定外のお金が必要になります。

子どもの医療費の助成でお金が戻ってくるのはずっと後のことになるので、病院に行くとなるとどうしてもお金が必要になります。

普段は生活費の範囲内でなんとか生活できていますし、無駄遣いもお小遣いの範囲内で済ませられるのですが、子どもの病気やけがは予想ができないことなので、どうしても急な出費になります。

それでも病院に一回行っただけで治ればなんとか生活費の範囲内でおさまるのですが、数日おきに何回も続けて病院に通わなければいけなかったり、薬も何種類か必要な時もあります。

病気を併発して二つの病院をはしごしなければいけないときもあります。毎回、医療費がかかるときは我が家にとってはけっこうな高額の出費になるのです。

給料日後のお金があるときであればなんとかなるのですが、特に給料日前の月末ぐらいにその状態になるとかなり厳しい時があります。

また、我が家の場合、子どもの病気が他の子どもにうつって立て続けに病院に通わなければいけないことになる時もあり、さらに薬を飲んでも治らない時や病状が悪化して点滴が必要だとか、入院が必要だという状況になってしまう時もあります。

小児科ではだめだと言われて大きな総合病院に行かなければいけなくなったこともあります。

そのような場合はどうしてもその場で払えるお金がないので仕方なく近所に住む親に借りることが4,5回ほどありました。借りるといっても1万円か、多くて3万円程度です。

もちろんお給料が入るとすぐ返すのですが、親ももちろんいい顔はしないので本当は借りることはしたくないです。

病気などで医療費がかさむと、次は子供の学費が払えないで困る事があります。この時も本当に困ります。

学費が払えない時どうすればいい?

なんとか自分たちで臨時の出費にも備えられるように、普段からコツコツ貯金もしているつもりなのですが、なかなか貯まらず、臨時出費の際の補填をしきれていないのが現状です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です