体臭が・・・

今日映画を見に行ったんですが、横のキレイなお姉さん・・・汗臭かった。きれいなのに残念(;´・ω・)

ちなみに、今まで見た映画で一番好きなのが「in town」という映画です。

話が脱線してしまいましたが、脱毛したらそういう匂いってなくなるらしい!脱毛ケアを行うことで、別の体の悩みが改善されたという人も結構多いです。それが体臭です。

体臭というのは、アポクリン汗腺という、油やたんぱく質、糖質が混ざった汗が出ることで引き起こされます。汗として出てきた時点では、無臭なのですが、この油やたんぱく質、糖質に肌表面の常住菌、雑菌類が集まりやすく、これらをエサとして食していきます。

そして、食することで糖質やたんぱく質、脂質が分解され、独特のにおいを発します。これはたんぱく質等が分解される事によりアンモニアが生成されてしまい、異臭を放つことになるのです。このアポクリン汗腺は、脇や乳首、デリケートゾーンに多く存在し、これらの部位はむだ毛が濃くて多い所になります。

また、アポクリン汗腺の穴は、肌表面に向かって伸びているわけではありません。むだ毛が映えている毛穴に向かう通路に対して穴が開いている状態です。それなのに油分やたんぱく質、糖質が含まれているので粘度が高いです。毛穴に老廃物や皮脂が詰まりやすいのも納得できます。

しかもむだ毛によって汗の通行が妨害されている状態で、更にむだ毛によって湿度が高くなり、通気性も悪くなるのです。この通気性が悪くなる状態が慢性的に続く事で、ワキガが生じるのです。

この仕組みから見ると、むだ毛を処理することにより、汗腺からの汗がスムーズに出やすくなります。通気性も一気に良くなり、体臭が軽減されていくというわけです。

臭い物にしていた蓋を空けるわけですので、一時期ですが臭いが強くなりますが、それ以降は臭いが軽減されていくのです。

子どもが急に病気になったとき

子どもが急に熱を出したり、腹痛を起こしたり、中耳炎になってしまったりけがをしたり、嘔吐したりして病院に行かなければいけない時、または歯が痛いと言い出して急に歯医者に行かなければいけない時は、予定外のお金が必要になります。

子どもの医療費の助成でお金が戻ってくるのはずっと後のことになるので、病院に行くとなるとどうしてもお金が必要になります。

普段は生活費の範囲内でなんとか生活できていますし、無駄遣いもお小遣いの範囲内で済ませられるのですが、子どもの病気やけがは予想ができないことなので、どうしても急な出費になります。

それでも病院に一回行っただけで治ればなんとか生活費の範囲内でおさまるのですが、数日おきに何回も続けて病院に通わなければいけなかったり、薬も何種類か必要な時もあります。

病気を併発して二つの病院をはしごしなければいけないときもあります。毎回、医療費がかかるときは我が家にとってはけっこうな高額の出費になるのです。

給料日後のお金があるときであればなんとかなるのですが、特に給料日前の月末ぐらいにその状態になるとかなり厳しい時があります。

また、我が家の場合、子どもの病気が他の子どもにうつって立て続けに病院に通わなければいけないことになる時もあり、さらに薬を飲んでも治らない時や病状が悪化して点滴が必要だとか、入院が必要だという状況になってしまう時もあります。

小児科ではだめだと言われて大きな総合病院に行かなければいけなくなったこともあります。

そのような場合はどうしてもその場で払えるお金がないので仕方なく近所に住む親に借りることが4,5回ほどありました。借りるといっても1万円か、多くて3万円程度です。

もちろんお給料が入るとすぐ返すのですが、親ももちろんいい顔はしないので本当は借りることはしたくないです。

病気などで医療費がかさむと、次は子供の学費が払えないで困る事があります。この時も本当に困ります。

学費が払えない時どうすればいい?

なんとか自分たちで臨時の出費にも備えられるように、普段からコツコツ貯金もしているつもりなのですが、なかなか貯まらず、臨時出費の際の補填をしきれていないのが現状です。

予期せぬ出費

至急お金が必要と感じるのはヤハリ冠婚葬祭ではないでしょうか?

冠婚葬祭は予期せぬ時に来るものです。葬式などでは相手側によってはお渡しする金額も差があります。葬式などは予測が出来ない為、常に用意を出来ているわけではないので急なお通夜などは焦ります。
普段から常日頃、そのような時の為にプライベートとは別に預金して置くという余裕があればいいのでしょうが中々難しい話です。

そして結婚式などは人によってはこちらも金額は結構な額を入れなければなりません。結婚式などは予定日がだいたい分かるのでそれまでに用意をして置けるかもしれませんが金額によっては急な出費になります。
その他で言うと急な来客でおもてなし代や急なお誘いで旅行やキャンプなどの時にお金が必要になる。と言うところでしょうか?至急お金が必要に!と言ってもその時の必要な金額にもよりますでしょうが、桁が異常なほど出なければだいたいは自分の貯蓄などから払えるのではないでしょうか?

また、常日頃必要な物が(高額なもの)急に壊れたり故障したりすれば至急お金が必要と感じるのかもしれません。
例えば日常的に必要なもの。お風呂や給湯器、トイレや水道の水漏れ、ドアの鍵などなど。日常的に直ぐ直さなければ生活出来無いような出来事があればそれはヤハリ至急まとまった金額が必要になるのではないでしょうか?
基本的に私の場合はサラ金や税金などの支払いには困っていないので、至急お金が必要となった時はだいたい、私生活に関してだけになるように思えます。
普段使いに困る様な事が起きた時だけですね。

今は1番お金が必要と言うかあればと思うのは家の庭などをリフォームしたいのでそれにかかるお金が必要というところです。それでもあれば直ぐリフォーム出来るというだけで、至急必要というわけではなかったです(汗)

昔キャバクラで働いていたころは平気キャッシングしていましたね~(※キャッシング水商売)。今は結婚して子供もいるので簡単に借りにくいですが。

付き合いもたくさんあるので、どうにか家計をやりくりしていきます。

 

 

デリケートゾーンの脱毛

私は以前に脚の脱毛をしました。(脱毛三宮←このサイトで見つけたサロンで★)
とても快適になり、同時に他にもここもやりたいと欲が出てきています。

その中でも一番私が脱毛をしたいのは、VIOの脱毛です。以前はVIOの毛なんて全く気にしていませんでした。
昔から毛は濃かったけれど、やはり脚やワキなど人の目に付くところは気になりますが、VIOなんて見られるところでもないから別に、と思っていました。

最初に気になったきっかけは、雑誌の記事でした。海外セレブの間でハイジニーナが流行っているといった記事でした。
真似したいとかよりも、そんなところをツルツルにする人がいるんだ、といった感想でした。毛が生えていて当たり前なのだから、ツルツルの方が気持ち悪いくらいにさえ感じました。
ただ、だんだんとVIOの脱毛へ興味が出るようになったのです。

きっかけの一つは、デリケートゾーンの蒸れでした。夏場に仕事中でストッキングを履いていた事もあってか、ある時ふと椅子から立ち上がったときに嫌な匂いがするのを感じました。蒸れたことでのわたしのデリケートゾーンの匂いでした。
あとは気になるのは生理中です。毛があることで蒸れて、時期によってはかぶれたりもしました。生理中だけは、毛がなければいいのに、と思い始めたのです。もう一つのきっかけは水着でした。

新しい水着を買ったところ、ラインが少し深い水着だったので、万が一毛が出てしまったら嫌だ、という想いがありました。

このときに初めてVラインの毛を自分で手入れしたと思います。毛が濃いところなので、自分で毛を抜きました。
何度か手入れをすると、毛穴がポツポツ気になったのと、皮膚の中に埋もれてしまっている毛があることに気がつきました。
自分での手入れは良くないのかな、とその時思いました。

その後、生理前にIラインを自分で剃りました。するとすごくすっきりして、生理中の不快感が減ったのです。
それからわたしは定期的にデリケートゾーンの毛を剃るようになりましたが、皮膚の黒ずみや手入れの面倒くささなどから、脱毛に通って手入れしたいと思っています。